2019年12月12日

センター試験まで残り1ヶ月!

どうも!川上です

寒くなりましたね
12月になってしまいました…といってももう半ばですが…

2019年も残すところあと少しですね

期末試験も終わって冬休みが待ち遠しいですね


…と言いたいところですが、受験生の皆さんは
センター試験までおよそ1ヶ月となってしまいました

やっと来たのかとうとう来てしまったのか…

ここからはいかに効率良く勉強して
残された時間を有効活用できるかが勝負です

今回はそのアドバイスをしていきます!


といっても、まずは二次試験対策とセンター対策の
切り替えのタイミング
ですよね

以前にも言いましたが、東大京大医学部など難関大学志望の人は
これから自分のセンターや2次の得点力と相談しながら
切り替えのタイミングを決めましょう


それ以外の地方国公立大志望の人は
もうセンター対策にシフトできていますか?
センターの配点割合が大きいのでしっかり時間を取りましょう!


私立に出願している人は入試の日程を確認して
それに合わせて勉強の内容を変えましょう



もし分からないことがあれば周りの人に
相談してみたり、校舎スタッフがいつでも
相談に乗るので気軽に声をかけてくださいね!



さて、勉強内容の切り替えのタイミングが分かったところで、
この時期にどんなことをすればいいかをお話します

今回は直前期のセンター対策についてです


まずは過去問についてです

基本的に、センター過去問は10年分やりなさいと言われています。
10年分できていない人はどんどん過去問を解きましょう

何度も言いますが過去問は模試ではなく、
あくまで問題演習と同じポジションなので
ある意味その時の出来や点数を気にせず解いていってほしいです


10年分解き終わっている人は、そこで出た課題や
今の自分の実力を分析して、それを強化できるような
演習を重ねましょう


苦手が複数ある人でも、時間が無いからと言って
広く浅くやるよりも、
あえて大胆に単元を絞って、特に補強したいものを
集中的にやるのもアリです


広く浅くやる方法は色々な単元を触れる保証がありますが
完全に出来るようにはならないので本番に弱いです

単元を絞ればその部分は確実に得点できますし、
広く浅くやるよりも効率的に勉強できるので
案外いろんな単元に手を出せるというのが個人的な意見です

(※あくまで個人的な意見なので必ず
そうしろ、というわけではありません。)


この時期の勉強は何をどうやればいいのか
本当に悩ましくて困ると思います

先程も言いましたがそんな時こそ
周りに相談です!



さて、ここまで2つ大事なことを話してきましたが、
僕が受験生の皆さんに一番してほしいことは、
周りの友達や家族と話をすることです

内容は何でもいいです
勉強のこと、学校のこと、どうでもいいこと、気になるあのコのこと…

入試のプレッシャー、そして毎日の勉強で疲れ切った心も
周りの人との会話で必ず楽になるはずです


さらに言うと、かしこい人からお勧めの勉強法を
聞き出すことが出来るかもしれませんしね


センター直前、
焦りと不安で毎日が苦しいかもしれませんが、
1日1日、何をすべきか考えて時間を
無駄にしないようにしましょう

毎日必死に頑張って、
後悔だけは無いようにしましょう

そして、ときには友達同士、
助け合うことも必要です


自分を信じて明日も勉強しましょう


体調だけは気を付けて
それでは
posted by E-class at 21:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする