2020年07月14日

受講と共通テスト対策のバランス

皆さんどうも!川上です


7月も中旬に入って、もう夏本番かと思いきや、
梅雨で雨ばかり、
個人的には部活が再開したのに
雨で思うようにできないのが悲しいところです

暑い日は暑いし、寒い日は寒いし、
じめじめしていて体調も崩しやすいので
気を付けて過ごしましょう!

規則正しい生活とバランスのいい食事が
大切です!
たぶん!


ということで、東進生の皆さん、
この時期、食事だけじゃなくて
受講と共通テスト対策のバランスは取れていますか?

本来は5月のスタートに合わせてそれまでに
受講は終わらしておきたいところでしたが、
間に合わなかった人や追加の受講を取得した人は
悩みのタネになっているのではないでしょうか?

今回はそのアドバイスをしていきたいと思います!


結論から言うと、
1週間の時間の使い方を日ごとに決めておくことが重要です

部活がある日、放課後に用事がある日、週末といったように、
それぞれの日で受講や共通テスト対策に使える時間を
整理してみて、把握しておきましょう


さらに、それぞれにかかる(かける)時間を
把握しておいて、どの日に何をするかを決めます


こんな感じで、1週間の計画を固めていきましょう


ただ、これだけだと、なんだかんだでまとまった時間が取れない
どちらも中途半端になってしまうという人がいると思います


まず、まとまった時間が取れないという人、
確かに受講や共通テスト対策、1時間以上はかかりますよね

まとめて一気にやってしまいたいのは
分かりますし、そっちの方が良いです

ただ、それを言って受講や演習が
全然進まないのであれば本末転倒ですよね

それなら、分割しましょう!

受講であれば、半分は校舎で受けて、
もう半分と確認テストは自宅でやる
、とか、

共通テスト対策であれば大問ごとに分けて
学校の空き時間などで少しづつやっておく
など、
工夫のしかたはいろいろです


そして、どちらも中途半端になってしまうという人、
それならシンプルに、どちらかに絞りましょう

ただ、これはもう片方を捨てるというわけではなく、
ある程度の期間を決めましょう


この1週間は受講、この1週間は共通テストというように
決めてもいいですし、
受講が基本で共通テスト用の模試の前だけ
共通テスト
、というのでもいいですし、
受講が終わり次第共通テスト、これも良いと思います

どちらもだらだら進めてしまうと身につかないので
やるときは一気にやる、というのは大事ですね


皆さんに共通して言えるアドバイスは
こんなところでしょうか

最後に、自分がこの時期、どんなバランスで
進めていたかをお話しようと思います


自分の場合は、まだ部活があって忙しくて
センター対策(過去問)は7月末に始める予定でした

それまでは受講だけに集中という
スタンスで進めていました


東進には週5で行くようにしていて、来た日は必ず
受講をしていました

なのでセンター過去問は夏休みに集中して進めました

他の人よりもスタートが遅れていたので、
1日で3教科はするようにしていました


1日で、です

ただ、今年は夏休みがほぼないので
週末や今度の連休などを活用して進めていきたいですね

また、センター過去問や、この時期にはできなかったのですが
2次過去問は、前述の大問ごとに分ける術を使っていました

ざっとこんな感じですね


人によってはこれからさらに2次過去問
9月からは単元ジャンル別演習もスタートして
ますます忙しくなると思います

今のうちに自分に合ったやり方を見つけて
効率よく勉強を進められるようにしましょう!


それでは、このへんで
posted by E-class at 21:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする