2020年11月21日

集中力を保つって難しいですよね、、、

どうも!担任助手の板野です!


今年は珍しく11月中旬までは

20度を超えることも

しばしばあったと思うのですが

一昨日ぐらいから気温が下がり始め

いよいよ寒い季節になってるなと

感じています、、、


温度差で体調を崩しやすい時期のため

手洗いうがい等の予防を含め

気を付けて生活しましょう




さて、今回は「集中力」についてです。

皆さんには言ったことが

あまりないですが、

僕は「集中力」について

実は研究しているのです


「集中力」といっても

工学寄りの(こう見えても工学部なんで!笑)

自動運転における

運転者の監視能力維持策


についての研究です



詳しく言うと

最近市場に出始めている

自動運転機能の

四輪自動車は

完全な自動運転能力が

あるわけでは無く、

現在は法律においても

ドライバーの監視が必要不可欠な

システム
となっています。

しかし、実際のところ

ほぼ自動で運転をしていたら

なんだかんだ眠くなっちゃったり

ぼーっとしちゃったり
しますよね、、、


そこで!

ドライバーの集中力を維持するためには

どんなことをすればいいか


研究しているわけであります

(長々と説明してすみません笑)


ドライバーの集中力維持策って

結局、脳の活動をどれだけ活発な

状態を続けられるかの方法


なんですよね

これって

勉強にも同じ具合に使えそう

じゃないですか?

そこで皆さんにひとつ

伝授したいことが

あります!


いろんな論文を読んでいると

共通していることとして

周りからの刺激より

(例えば眠たいときに
 
 誰かに起こされたり
 
 ぼーっとしている時に

 大きな音で覚醒させたりする

 受動的な刺激)


自ら実施する能動的な刺激の方が

(例えば眠たいときに

 ストレッチや散歩等の

 軽運動を実施する

 自分で自分に与える刺激)

効果があるという

研究結果が出ています!




ですから、東進の校舎で眠たくなったり

ぼーっとしたりして集中力が切れたな

と感じたら

少し外に出て散歩したり

階段の上り下りをしたり

軽くストレッチ
をしてみては

いかがでしょうか




うまく集中できない状態を

放置しておくことは

時間を無駄にしていると言っても

過言ではありません!


ぜひ集中力が続かなくて

悩んでる方は

実践してみてください

posted by E-class at 18:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする